12 手付ボウル 灰+蜜蝋ワックス 栗

¥71,280
税込 配送料は国内一律988円です。
ブランド・作家 | 富井貴志 / Takashi Tomii


挽物、刳物、漆など多様な技法を駆使して、精密さと温もりと意思を強く感じる独特の世界感を構築する富井さん。使い込むことで、素材、作り手、使い手の三者が不可分な一つの物質のようになるようなもの作ること」を目指す氏の想いが詰まった作品は、数年、数十年使った先の姿までも楽しみになります。

この手付きボウルは、今回の入荷の目玉商品です。迫力、仕上げ共に最高です。ハンドル部分は後からつけたわけではなく、直径50cmほどもある大きな栗の木から削り出した物。正確な技術には見れば見るほど惚れ惚れします。灰汁仕上げによりすこし強調された導管の美しさも見ものです。裏には刻印入り。

このボウルの使用法について、富井さんご自身は「サラダを盛ったり肉の塊を盛ったりと色々です。うちは5人家族なのでここから取り分けて使うことが多いです。たまにひとり飲みする時にここにアテを色々と盛り付けたりすることもあります。」とおっしゃっています。中国茶のセットにも良く合うでしょう。

どうぞみなさんのクリエイティビティで自由に使い込んで、育てて行ってください。

長辺 : 約50.3cm ( 取手含む ) / 短辺 : 35.5cm/ 高さ : 約5cm

富井貴志 陶歴

1976年 新潟県生まれ。
1994年から1年間アメリカオレゴン州の高校に通う。この時に木に興味を持つようになる。
2002年 筑波大学大学院数理物質科学研究科中退。岐阜県高山市の森林たくみ塾で木工を学ぶ。
2004年 オークヴィレッジ株式会社入社。
2008年 滋賀県甲賀市信楽町へ移住し、京都府相楽郡南山城村童仙房に工房を開設。
2009年 第83回国展に初出品初入選。以後毎年入選。
2012年 第86回国展にて新人賞受賞。
2015年 自宅と工房を新潟県長岡市小国町に移す。
2017年 第91回国展にて国画会準会員に推挙。
2019年 第93回国展にて準会員優作賞受賞。


*作家作品のため、ひとつひとつ色合い、形、大きさ、厚みなどが異なり、個体差があります。
*食洗機や電子レンジは避け、使用後はスポンジを使い水やぬるま湯で優しく撫でるように洗い、水気をしっかりと拭き取り乾かして下さい。必要な場合は中性洗剤をご使用下さい。

*自然の材料を用いておりますので直射日光、温風や冷風による過度の乾燥、湿潤は避けて下さい。

* お料理の油分などによりシミがつくことがありますが、ご使用を繰り返すうちに馴染み全体が飴色に変化する特徴があります。
*返品・返金は一切お受けできません。ご購入の際は、ご理解頂きますようお願い致します。


〜お客様へお願い〜
当店で購入した作品をメルカリ等で高額で転売されている方がいます。
当店の作品は転売目的の方には販売しておらず、一切の転売行為は禁止しています。当店の作品をご購入される際、転売行為の禁止について承諾したものとさせて頂きます。

令和2年7月23日