「DoI展」12/3(金) ~12/6(月)@千駄ヶ谷店 開催

FOOD FOR THOUGHT(フードフォーソート)千駄ヶ谷店で、12月3日から12月6日までの4日間、

布作家「DoI」個展を開催いたします。

-

*初日、2日目の14時半までは予約チケット制
*初日、2日目とも14時半以降はご予約なしでどなたでもお入り頂けます
*予約チケットは、11月27日 21:00~ 受付開始です。
ご入場予約受付サイト(https://foodforthoughtshop.net/)

-

当店初個展、しかも都内初の個展ということで、作家のフルラインアップを手に取って見て頂けます。

多くの方の心を掴んで離さない「DoI」の作品。

なんといっても着用時のシルエットが美しく演出されるのが特徴ではないかと思います。

ラインの秀麗さは即興のデッサンであるクロッキーのように厳選された線を彷彿させます。身体に沿う凛とした立姿はDoIによる引き算の美学が感じられます。さらに驚くのはその着心地。軽く、なんとも快適です。身体の動きに合わせて優しく揺れる動きは着る者のアクションをエレガントに魅せてくれます。

「働衣=DoI (ドーイ)」の通り、働く姿をより美しく。制服としてお店の方、作家、アーティストに愛される理由がわかります。もちろん普段着としても。生活に寄り添った細やかな作家の手仕事を日常の中で纏う喜びは特別です。

今回初お披露目となるのは新作の「 lilyコート 」です。

足元にかけて広がりを持たせつつストンと下りたシルエットのlilyコートは、襟を立てると清廉な雰囲気に、襟を開くと優しく気取らない印象に。背中に入ったタックが姿勢を良く見せてくれるため後ろ姿からも品と軽やかさが伝わります。カラーは、グレー、黒、茶をご紹介いたします。

DoIのシリーズの中でもめずらしい茶色は黒に赤やオレンジを加えて作られる色なので暖色との相性は抜群です。赤いシューズなどビビットな色をワンポイントとして合わせても楽しんでいただける色だと感じました。そして、樹や土といった自然の中の色でもあるので私たちにとっては馴染み深く暮らしの中に溶け込んだ色でもあります。

今展は温かみのある茶色を中心に制作いただきました。茶色がDolの衣服と合わさることでさらに居心地のよさを発揮するのではないだろうかとみなさんにご紹介できるのが楽しみです。 

DoI作品に一貫しているのは、着る人の持つ性格、みせたいイメージに合わせて印象を変えることができるということ。腰紐の結び具合、ボタンをとめる数を調節することで色々な着方、ストーリーを演出できます。

初日、2日目は熊本から作家が駆けつけてくれます。
着用しながら作家に直に着方やアレンジを聞けるまたとない機会です。この機会にぜひ。

 

DoI展
FOOD FOR THOUGHT千駄ケ谷店にて
2021年12月3日(金)から12月6日(月)
11:00〜18:00
*初日、2日目の14時半までは予約チケット制
*初日、2日目とも14時半以降はご予約なしでどなたでもお入り頂けます
*予約チケットは、11月27日 21:00~ 受付開始です。
ご入場予約受付サイト(https://foodforthoughtshop.net/)

 

-
FOOD FOR THOUGHT千駄ヶ谷店
〒151-0051
渋谷区千駄ヶ谷5-3-16 ライオンズマンション千駄ヶ谷1階
03-5357-7012
11月 25, 2021 — FOOD FOR THOUGHTフードフォーソート
タグ: DoI

コメントする

注意:コメントは管理者によって許可された場合のみ公開されます。