about us

FOOD FOR THOUGHTについて

写真はFOOD FOR THOUGHTディレクター渡辺有子のアトリエ兼料理教室。この場所の小さな棚で、生徒さんにのエプロンなどオリジナル商品を販売していたのがお店の始まりです。

_____

FOOD FOR THOUGHTは、“よりよく生きるためのヒント・気づき”が見つかるお店です

FOOD FOR THOUGHT(フードフォーソート)は「無くてもいいけど、あると暮らしが一層豊かになるモノ」をコンセプトに、主に国内外の食器とテーブルにまつわる商品を扱うお店です。東京の代々木上原と西荻窪と千駄ヶ谷に3店舗展開しています。上原店は2017年に、西荻店は2019年に、千駄ヶ谷は2021年にオープンしました。2020年からは、非対面のお買い物ニーズの増加に伴ってオンライン販売を本格的に始めました。 

 

当店ディレクターである料理家・渡辺有子が「自分がキッチンやテーブルで使いたいもの」だけを基準として独自の着眼点で商品をセレクト。国内作家の器 /  欧州アンティーク・ブロカント / カトラリー / ガラス / 布 / 金工 / 漆器 / 木工等さまざまな分野から「食」にまつわるものだけを選りすぐります。 料理のバックグラウンドを最大限に活かし、料理・お茶・お菓子・お花などにまつわるクリエイターをお呼びして、イベントも行っています。

  

それぞれの企画展のコンセプトメイキング、クリエイティブディレクションを含めたお店の舵取りは、当店代表でフォトグラファーの五十嵐隆裕が行っており、写真・文章・映像・オンラインショップのウェブサイトも作っています。小さな「アイデア」をクリエイティブで料理してお客様に有益な企画に仕上げること、その企画の集合体でお店を作ることは、日々広告を作る中で培った経験を活かせるフィールドです。

  

店舗では毎月作家の個展を開催。その他定期的に10〜30人程の作家による企画展を開催しています。企画展では、「子どもの器展」「七五三展」「初春 輪花展」など、お客様・作り手・スタッフがみんな楽しい「三方よし」の理想を持って企画を立てています。  

 

「FOOD FOR THOUGHTってどういう意味?」としばしば聞かれます。日本語に直訳はしづらい言葉ですが、私たちは、“よりよく生きるためのヒント・気づき”という意味を込めています。 

 

この場を通じて、暮らしをより豊かに、より楽しむためのヒントが見つかりますように。 

Who WE are:

五十嵐 隆裕 Takahiro Igarashi

FOOD FOR THOUGHT代表 / フォトグラファー

1980年 東京都出身。

20代のほとんどをアメリカで過ごす。アリゾナ州ツーソンで陶芸を学んで以来、魅了され続けている。

その後カリフォルニアとニューヨークで写真とビジネスを学び、リチャード・アヴェドン・ファンデーションでのインターンを経て帰国。助手を経て2011年フォトグラファーとして独立。2017年FOOD FOR THOUGHTをOPEN。

写真の仕事ではビューティ、ファッション、ジュエリーなどの技巧的な撮影を得意とし、広告をメインに雑誌やカタログなどを撮影する。ムービーの監督、撮影監督も務める。

写真は人や物の「良いところを見つけて光を当てる」仕事。その眼を活かして、FOOD FOR THOUGHTでは時に作家本人も気づかない作品・作家の魅力をお客様に伝えたい。

アメリカでマイノリティ生活を送ったため「公正公平」がモットー。物理的に店舗にお越しいただけない遠方の方、ハンディキャップのある方などにも作品を平等にお届けできるオンラインショップをどう充実させるかに心を砕いている。

___

渡辺 有子 Yuko Watanabe

FOOD FOR THOUGHTショップディレクター / 料理家 

東京都出身。

大学卒業後、料理家のアシスタント、編集プロダクションでの勤務を経て26歳の時に料理家として独立。

以来数多くの雑誌、広告、書籍、TVコマーシャル、テレビ番組、イベント等の幅広い分野で活動している。料理、暮らし方、ファッション含めて著書は数十冊にのぼる。

料理だけではなく、本人の丁寧でシンプルなライフスタイルやファッションを雑誌やWEBでフィーチャーされることも。近年ではInstagramのファンも多く、様々な方面から評価を受けている。

良くインドア派に見られるが、学生時代はバスケットボール部のキャプテン、水泳コーチなどを務めた体育会系で、特技は遠泳。

ちなみに生まれたのは当店西荻店の近くで、叔母も西荻で喫茶店を営んでいた。「懐かしいこの場所にお店を持てることがとても嬉しい」と本人談。

FOOD FOR THOUGHTの仕事では、自身の経験を最大限生かして、料理をする目線で妥協なくセレクトされた商品や企画がお客様の支持を得ている。

店舗所在地: 

FOOD FOR THOUGHT 千駄ヶ谷店
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-3-16 ライオンズマンション千駄ヶ谷103 
OPEN 11:00〜18:00

FOOD FOR THOUGHT 上原店 
〒151-0064 東京都渋谷区上原2-33-4 1B 
OPEN 11:00〜18:00

FOOD FOR THOUGHT 西荻店 
〒167-0042 杉並区西荻北2-9-15 豊栄西荻マンション113 
OPEN 11:00〜18:00

*2021年3月現在、感染症対策のため全店舗展示・イベント時以外はクローズしています。店舗のオープン情報はSNSでお知らせします。

__

お問い合わせ先:

FOOD FOR THOUGHT 西荻店 
〒167-0042 杉並区西荻北2-9-15 豊栄西荻マンション113 
03-6339-1192 
mail@520fft.com 

*取材のお申込み、卸売のご希望、その他ご相談等は上記連絡先まで、必ずメールでお願い致します。

__

運営会社:

株式会社 ゴーニーゼロ(英・Five Two Zero Inc.)FOOD FOR THOUGHT事業部

代表取締役:五十嵐 隆裕 

所在地:東京都渋谷区

 __

キャリア:

FOOD FOR THOUGHTで一緒に働く仲間を随時募集しています。
興味のある方はメール(mail@520fft.com)ください。今探しているのは:

菓子製造担当者(渋谷区千駄ヶ谷まで勤務可能な方)フルタイム・パートタイム問わず。1日2~3時間でも可。

WEB担当者EC、進行管理、システム構築等に強い方)パートタイム・完全リモートワーク可。

翻訳英・中)越境EC構築・越境wholesale等渉外担当者。パートタイム・完全リモートワーク可。

 __

許認可等:

東京都公安委員会 古物商 第303331806385号

渋谷区保健所 飲食店営業許可 取得済 (千駄ヶ谷店)

渋谷区保健所 菓子製造業許可 取得済

渋谷区保健所 そうざい製造業許可 取得済