市川岳人さん初個展「空気の輪郭」2/26(土)-3/1(火)@上原店です

市川岳人「空気の輪郭」初日11:00〜14:00まで予約制(受付終了)。以降はどなたでもご予約不要でお入りいただけます。

- 

FOOD FOR THOUGHT(フードフォーソート)上原店では、来たる2022年2/26(土)-3/1(火)、市川岳人さんの当店初個展「空気の輪郭」を開催します。

今展のタイトル「空気の輪郭」は、僕が市川さんの工房を訪ね実際に材を挽く姿を見て素直に口から出てきた言葉から名付けました。

「空気も一緒に挽いてるんですね」と言ったと思います。

おおよそ素人には完成図が予想もできない大きな乾燥材の塊をパッと見て、材の芯を捉えて、頭の中に成果物の完成図を描く市川さん。材の欠損もそのまま活かして美しい作品を作り上げます。

材の半分ぐらいが「無い」のに「ある」かのように鑿を止めず、そのまま空気も一緒に挽く姿に僕は驚いたのです。ご本人はあまり意識していなかったと思いますが、材が欠けた箇所の空気も含めて作品のうち。はたから見ていた僕には「無い」ことで「ある」ことの重みが強調されて、そこだけ異常にシャープネスが高いように「空気の輪郭」が見えて来ました。(←観念的すぎてなかなか言葉では伝わらないと思いますので、ここはぜひ作品を見てほしい、、、)

「あぁ、言われてみるとそうですかね〜」と飄々と穏やかな市川さん。

 きっと市川さんは、どんなに難しい材を前にしても手の速さを変えず、自分のペースで木も空気も同じメンタリティで挽き続ける。そしてその的確な仕事の積み重ねによって、さらに仕事の精度が上がっているのだろうと思いました。

もうひとつ、造形的に市川さんの作品で僕が驚くのは「首」の攻め方です。前述したように、節があり欠けがあるどうみても脆弱な材も、頭を大きく取って首の部分をこれでもかと怖いくらいに攻める。

この種の作品で首が太いのは野暮ですからなるべく細く攻めるのはアーティストとして当然だけど、ここまで太さと細さのプロポーショナルなギャップを強く付けるところに市川作品が塊で放つ独特のオーラというか緊張感の答えがある気がします。この姿勢はどんな小品でも大作でも変わりません。

作家ご本人の穏やかな一面と勝負師的な一面。美しい作品たち、そしてすごい写真の腕前(Instagram見てください)。この方は只者ではないな、と僕は人としても興味があります。 

今回は初個展ということで自由に制作して頂いています。定番の花器や飾台、リング/メガネスタンドなど、実用はもちろんですが、テーブルやインテリアにディスプレイするステートメントピースとしても当店のお客様にお勧めしたいです。

市川さんの作品は、ぜひ複数個を組み合わせて置いてみてください。作品の周りに空気の輪郭が現れて、場そのものの空気が変わる感覚です。暮らしに採り入れると、様々な”気づき”を与えてくれると思います。

個人的にもたくさんの方に見て欲しい個展です。どうぞご期待ください。

FOOD FOR THOUGHT 代表 五十嵐 隆裕 

-

市川岳人「空気の輪郭」
FOOD FOR THOUGHT 上原店
2/26(土)-3/1(火)
OPEN 11:00~18:00
初日14時まで予約制。

以降は予約不要でどなたでもお入り頂けます。

-

FOOD FOR THOUGHT / フードフォーソート上原店
〒151-0064 
東京都渋谷区上原2-33-4
03-6416-8294

2月 15, 2022 — FOOD FOR THOUGHTフードフォーソート